同時通訳機材のレンタル

同時通訳機材のレンタル

同時通訳機材は参加者に応じた機材が必要

国際会議において、出席者がヘッドフォンのようなものをつけているのを見たことがあるでしょう。リラックスするために音楽を聞いているのかと思っていると難しい顔をしている人もいます。音楽を聞いているのではなく、話されている内容について聞いています。それぞれのヘッドフォンには違う国の言葉が話されるようになっています。

同時通訳機材としては、参加者に応じた機材が必要になります。会議に参加する人全員用のヘッドフォンが必要ですし、それを集約するための機械も必要になります。ヘッドフォンの音声についてはシステムに直接接続されているのではなく無線タイプのことがあります。そうなると互いに送信したり受信したりする機能が必要なります。

業者に依頼をすると、必要な設備についてひと通り準備してもらうことができます。ですから、後は会議をするだけの状態にしてくれるのです。会場をどのような設定にしないといけないなどの事を考える必要はありません。

Copyright 2017 同時通訳機材のレンタル All Rights Reserved.