同時通訳機材のレンタル

同時通訳機材のレンタル

同時通訳機材における仕組み

日本語で話されているとき、日本人ならその内容を理解することができます。しかし日本人以外は理解することができません。その言葉をその国の言葉に変えてくれれば理解することができます。一般的には通訳がいて、日本人が話した後通訳が伝えます。全て聞いた後に行うこともあれば、少しずつ通訳をしてタイミングを合わせることもあります。

同時通訳機材はどのような仕組みになっているのでしょうか。まず参加する人に対応する通訳者がいます。そして機材があります。発言者の言葉が通訳者のいるブースに届けられます。それを聞きながらマイクなどでどんどん通訳をしていきます。そのマイクで拾われた言葉は各国の参加者のヘッドフォンから入るようになっています。

通釈者がいる場合はその場で行うことがありますが、このような仕組みのときは通訳者は別室で集中的に行っています。通訳者ブースと呼ばれるところで行われます。時間を争うことになるので、素早く通訳していかなければいけません。

Copyright 2017 同時通訳機材のレンタル All Rights Reserved.