同時通訳機材のレンタル

同時通訳機材のレンタル

コストパフォーマンスで同時通訳機材を選ぶなら

会議やイベントなど、多国の参加者が多い企画では同時通訳は必須です。ただしコストが掛かるのも避けられません。もしもコスト重視で同時通訳を希望の場合は、無線方式が向いています。これは無線電波で通訳者の通訳を会場内に飛ばす方式で、大きな規模の会場でも参加者全員に通訳を届けることができます。広いエリアをカバーする方式であり、会場内に受信用のアンテナ類を設置する必要がないので、コストを抑えることができます。その利点は同時通訳機材を設置、撤去する作業時間も短縮できますので、時間的負担も軽減することができます。

ただこの無線方式は他の電波の影響を受け易いので、高圧電線が近くにある場所や、繁華街など密集地域では、それらの電波で通訳者の声が届きにくいケースも若干あります。また傍受も簡単にできてしまいますので、他に漏れてはならない重要な会議などの場合は、まず控えておいた方が良い方式です。しかしそれらをそれ程考慮する必要のないイベントなどでしたら、カバーするエリアが広くコストも低いので、コストパフォーマンスに優れた方式です。

Copyright 2017 同時通訳機材のレンタル All Rights Reserved.