同時通訳機材のレンタル

同時通訳機材のレンタル

同時通訳機材は電池で稼働するもの

電気を使うものは何らかの形で電気の供給を受けなければいけません。コンセントから電気を取るものであれば、台数分のコンセントやコードが必要になってきます。それほど電気を使わないものならたくさんつなげても問題ないでしょうが、電気を使うものだとショートしてしまうこともあります。となると大量に用意することができなくなります。

同時通訳機材を使って通訳をするとき、多くの参加者が来る場合はその人分の機材が必要になってきます。その度にコンセントが必要になると用意することができません。そこで、電池で稼働するものを用意します。電池であれば持ち運びをすることができます。コンセントやコードが必要ないので、じゃまにならないのもいいところです。

故障もたまにあるのですが、機械の変更もしやすいです。もしコードなどで電気を供給しているならその度にすべての配線を変えなければいけません。注意としては事前に電池の状況を確かめておく必要が有ることです。

Copyright 2017 同時通訳機材のレンタル All Rights Reserved.