同時通訳機材のレンタル

同時通訳機材のレンタル

同時通訳機材は赤外線デジタル方式

携帯電話の電波については自宅の中でもビルの中、電車の中でも受けることや発信することができます。大きな壁などがあるときに多少受けにくくなることがありましたが、今はアンテナがたくさん設置されています。それによって通話もしやすくなっています。通話はしやすいのですが、その分情報もどんどん出て行く状態になります。

同時通訳機材において、発信された情報をどのように受け取るかがあります。そこで使われているのが赤外線を用いるものです。赤外線は壁などに当てると反射することがあります。つまり壁を抜けることができません。となると壁の外に情報が漏れ出ないことになります。そのことで用いられる事が多いと言われます。多くの機材で用いられている方法です。

また、デジタル方式においては、ノイズを受けにくいものが使われます。会場においては照明機器、パソコンなどがたくさん設置されることがありますが、それによってノイズが出れば音質が悪くなります。それを防いでくれます。

Copyright 2017 同時通訳機材のレンタル All Rights Reserved.